Event is FINISHED

【申込締切:10/6】いすみ市で「コミュニティーベンチャー」という生き方のリアルに触れる〜豊かで多様なつながりに触れ、将来のイメージを描くフィールドワーク〜

Description
※参加受付は終了しました。

こんにちは。いすみコミュニティベンチャースクール事務局の三星です。

今、千葉県いすみ市では、ローカル起業を助け合うコミュニティ、ゆたかな暮らしを学んで実践するコミュニティ、多彩なマーケットのコミュニティ、地域通貨のコミュニティなど、市内に存在する多様なコミュニティのもとで「コミュニティベンチャー」と呼べるような取り組みがたくさん生まれています。

今回、そのリアルに触れるフィールドワークを開催します。

地元出身の強さを活かし、起業した方、
いすみ市に移住後、全くの異業種に挑戦した方
単身移住から、パートナーと出会い、夫婦で起業した方、
今までの経験を活かして、この地域ならではの起業をした方、
それぞれ別な肩書を持ちつつ、夫婦で起業した方、
いすみ市だけではなく、地域を越えて仕事をつくっている方、

多様なコミュニティがあるからこそ、多様な働き方、生き方をしている人がたくさんいます。そんな方々に触れ、いすみ市で暮らし働く将来の自分を描いてみませんか?

自分にとってのロールモデルになる人と出会えるかもしれません。

今回2日間の開催になりますが、もちろん1日のみの参加もOK。
人の向こう側にあるつながりを感じながら、コミュニティがあるところで起業したいという方は、ぜひともご参加ください!


▼こんな人にオススメ!


・いすみ市への移住や、いすみ市での起業に興味がある方
・いすみ市で「コミュニティベンチャー」に取り組みたい方
・ローカルで取り組んでみたい事業アイデアがあり、いすみ市を候補の一つに考えている方
・いすみコミュニティベンチャースクールの参加を前向きに検討している方

など

▼いすみコミュニティベンチャースクールとは



いすみ市で、つながりを通じた起業、“コミュニティベンチャー”を応援するために2021年から始まるのが「いすみコミュニティベンチャースクール」です。

「いすみコミュニティベンチャースクール」は、地域おこし協力隊のプログラムを活用した起業支援プログラム。エントリー検討期間と、地域おこし協力隊として活動する3年間を通して、コミュニティベンチャーの立ち上げをサポートする仕組みです。

今回のイベントでは、そんないすみコミュニティベンチャースクールの紹介も行います。

興味がある方はいすみコミュニティベンチャースクールのページをご覧ください。



▼イベント概要


【日時】
①2020年10月9日(金) 10:30〜16:30
②2020年10月10日(土) 10:30〜16:30
※2日連続参加も可。

【開催場所】
千葉県いすみ市
※集合はいすみ市役所です。
〒298-0004
千葉県いすみ市大原7400-1

【参加費】
2000円(昼食代として)/1日

【お申込み】
このページにて事前申込(無料)をお願いします。
※締切10/6

【スケジュール】
10:30- いすみ市役所集合・オリエンテーション ※全員で
11:00- フィールドワーク① 先輩の話を聞く 
12:30- 昼食
14:00- フィールドワーク②先輩の話を聞く 
15:30-振り返り ※全員で
16:30 解散 

それぞれのコースに分かれ5名〜8名(スタッフ含む)のグループで行動します。
マイカーでの参加も可です。

【コース】
お申込み時に、希望のコースをご記入ください。
(第3希望まで/2日間参加を希望される方は、通しての希望コースをご記入ください。)
申込み多数の場合は、抽選とさせて頂きます。


<①2020年10月9日(金) 10:30〜16:30のコース>


Aコース『地元出身の強さを活かす』
地元だからこその強みがある。地元と移住者をつなぐ視点から、今、必要とされていることを知る

●ゲスト
◎古柴房枝さん 
1棟貸のお宿「jewelry house」と、アクセサリーと雑貨「 Life *Bonz」主宰
いすみ市暮らし15年。海の漂流物を集めてアクセサリーを制作し、地域のイベントに積極的に出店しつつ、2020年より民泊を始める。自分が知り合ったいすみ市の人たちと接点をもってもらえるようなおもてなしを心がけ、ありのままの「いすみに暮らし」を伝えている。

◎高原和江さん NPO法人いすみライフスタイル研究所 理事長
2009年にUターンし、現在は、地元に加え、移住された方や県外の方で構成されている設立13年目のNPO法人の理事長を務める。
地域資源の発掘、情報発信、移住定住促進、暮らしの相談、空き家活用、起業支援、環境保全活動等、様々な方と連携しまちづくり活動、よろず相談対応を行う。フィールドワーク当日は、他のメンバーも参加予定。



Bコース『異業種に挑戦』
移住後、全くの未経験から挑戦!その仕事をはじめたきっかけから、実際に起業するまでを知る。

●ゲスト
◎草原学さん かずま主宰
運行管理者を経て、2015年いすみ市地域おこし協力隊に着任。星・ホタル・いすみ鉄道など、そのままで充分に魅力のある、いすみ市ならではの風景を活かして、撮影ツアーの実施・撮影講座・自身で撮った写真でその魅力を発信。任期満了後は、大手旅行会社とのタイアップ、いすみ星空学校、星のソムリエ®資格認定講座など、更に活動の幅を広げている。

◎石川雄揮さん  Hunt+ 代表
狩猟体験が提供できる環境への移住を志し、報道番組ディレクター/戦場ジャーナリストの職を辞め、移住先を探している中でいすみ市に巡り会う。2015年いすみ市地域おこし協力隊、着任。獣害対策担当として主にキョンの利活用などを進める。任期満了後の現在はグランピング、狩猟体験、獣害対策、キョン革の卸・製品開発・販売、講演、イベント出店等、合同会社ハント・プラスを経営。



Cコース『単身移住からの夫婦で起業』 
単身移住後、ひょんなご縁からパートナーと出会い、夫婦で起業。自身のキャリアと暮らしの変化を知る。

●ゲスト
green+  御田勝義さん、亜希子さん
勝義さんは、2010年に移住し、マクロビオティックカフェの店長を務めた後、green+cafeを起業。地域通貨「米」や「醤油作りの会」も立ち上げ活動もしている。亜季子さんは、2012年に移住、畑と薪ストーブつきのエコアパート&カフェ『green+』を運営。三児の母として自主保育団体「森のようちえん いすみっこ」を立ち上げ地域活動もしている。
Facebook:https://www.facebook.com/greenplus.boso/
参考記事:https://greenz.jp/2015/03/21/greenplus/

株式会社スターレット 三星良樹さん、千絵さん
2011年に移住した千絵さんが、古民家シェアハウス「星空の家」を立ち上げるタイミングで、2012年に良樹さんが移住。2018年に株式会社スターレットを立ち上げ、現在はシェアハウスの他、民間図書館「星空の小さな図書館」、カフェ&シェアオフィス「星空スペース」、「星空スクール」など、「今あるモノでまだないコトを」をテーマに、地域の資源を活かし様々な事業を展開。ローカルに軸を置き、都会と地域をつなぐ。



<②2020年10月10日(土) 10:30〜16:30のコース>



Dコース『経験を活かして起業』
今までの経験を活かし、新しい場所で見つけた、いすみならではのコミュニティから生まれた起業の形を知る。

●ゲスト
◎湯川伸也さん
10年以上勤めた都内大手不動産会社を退職後、2015年いすみ市地域おこし協力隊に着任、家族で移住。遊休不動産のリノベーションに取り組み、まちづくりに関わる楽しさを知る。任期満了後、2018年6月株式会社外房ベース不動産を設立し、不動産業を中心に魅力的なまちづくりを実践中。築80年の古民家をリノベーションするなど、DIYの腕はもはやセミプロ。

◎東山早智子さん
25年前に”ハーブ”と出会い、花屋、植物関係の出版物の編集を経て、神奈川県の山のふもとの古民家でハーブとの暮らしをはじめる。地に足がついた暮らしと、持続できる夢の庭づくりを実現すべく、2013年にいすみ市に移住。
現在は、0から作り上げた花とハーブのガーデンとちいさなセルフビルドのショップ小屋を自分のペースで営みながら、花やハーブ、アロマに関する講座や出張ワークショップ、イベント出店、企画、オリジナル商品の開発など取り組む。
Flower & Herb ブルーム香房 http://www.broomkoubou.com/



Eコース『肩書はそれぞれ。夫婦で起業』
夫婦で移住後、それぞれ別な肩書きを持ちつつご縁を広げ、地域に根ざす方法を知る。

●ゲスト
◎まつながデザイン一級建築士事務所/松永康一朗
◎sayasaya マチノイト主宰/松永さやか
2015年、康一朗さんの地域おこし協力隊の着任を機に夫婦で移住。一級建築士の康一朗さんは、hinodeのリノベーションなどを手掛け、任期満了後の2018年に独立。さやかさんは、大手アパレルを経て、独立。ハンドメイドの洋服、不要になった服や着物を活用したアップサイクル商品を展開。2019年、空き家を活用したミシンアトリエ「マチノイト」をオープン。ワークショップなども開催している。

結農園 関谷啓太郎さん、早紀さん 

お互いに農家ではない家庭に生まれる。2015年いすみ市へ移住、ツテも機械も家もないところから、新規就農し、2016年に「結農園」を立ち上げる。農の世界に触れてほしいと農体験や講座も開催。現在は2haの田んぼのほか、露地野菜と狩猟(イノシシ)、早紀さんがつくる、甘すぎず、おいしくかわいい手づくり和菓子の販売もおこなう。



Fコース『地域を越えて仕事をつくる』
都心から家族で移住。拠点をいすみ市に移すも、都心、海外、そして、地元と地域を越えて仕事をつくる。そのワークスタイルを知る。

●ゲスト
◎荒川慎一さん(D-KNOTSなみわい企業組合GO!BO!SO! MEDIA COMPANY
外房×東京の二拠点の実験。写真とデザイン。人・物・状況・e.t.c.を、少し先の未来に繋げることが仕事。外房では地域密着で広報誌の制作や地域の産物のプロモーションや企画他。専門学校講師も。デザイン周りの何でも屋。

バナナドライブ 小山 信広さん 中沢 かおりさん
合同会社バナナドライブ 一級建築士事務所。建築設計と家具製作を行う。設計は主に都内の外資系企業のオフィスのインテリアデザインと現場監理。家具は店舗什器などを製作。現在製作中の自家用キャンピングカーが完成間近!


【注意事項】
イベント参加時には、マスクの着用をお願いいたします。
当日、発熱など、体調の優れない方の参加はご遠慮ください。
社会情勢により内容は変更になる場合がございます。

【主催】
NPO法人グリーンズ(いすみコミュニティベンチャースクール企画)

【共催】
千葉県いすみ市

※本フィールドワークは、いすみ市ローカルベンチャースクール業務の事業です。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#765504 2020-10-07 00:53:02
More updates
Oct 9 - Oct 10, 2020
[ Fri ] - [ Sat ]
10:30 AM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
千葉県いすみ市
Tickets
10/9参加チケット SOLD OUT ¥2,000
10/10参加チケット SOLD OUT ¥2,000
両日参加チケット SOLD OUT ¥4,000
Venue Address
千葉県いすみ市大原7400−1 Japan
Organizer
NPO法人グリーンズ / greenz.jp
7,719 Followers

[PR] Recommended information